システム | 困ったときにカード現金化と即日融資で対応

システム

クレジットカードが会員に手渡された際、設定される与信枠は2種類に別れる。
それが、ショッピング枠とキャッシング枠である。
そして、キャッシング枠はショッピング枠の一部として提供されることが多い。
故に、キャッシングを行うということはその分ショッピング枠で利用できる借入額が減少するということになる。

例えば、与信枠が50万円あったとして、内10万円がキャッシング枠とされる場合。
この場合、実際の買い物において50万円までは立て替えてもらうことが可能である。
また、10万円までは現金を借り入れることが可能である。
ただし、この場合10万円借りれば40万円までの買い物しか許されない。
また、5万円借りれば45万円までの買い物が許される。
というような構造で与信枠は設定されているのである。

いつでも現金を借り入れできる手段として、クレジットカードのキャッシング枠は非常に便利である。
実際に合法的な範囲の現金化とを行うならば、この手法が限界値であるといえる。
貸金業法という視点からも、利用規約という視点からも、キャッシング枠による現金の融資は全くのクリーンである。

キャッシング枠による融資を受けるのは、日本国内であればどこでも可能である。
厳密には、銀行のATMやコンビニエンスストアのATMなど、利用可能なATMがある場所ならどこでも使える。

実際に利用するのであれば、カードを挿入してキャッシングを選択する。
そして、必要な金額を入力するだけですぐに必要なだけの現金が手に入るのである。

キャッシング枠の現金化を利用することによって、ほとんど現金を持ち歩かない生活が可能になるといえる。
それはつまり、日常の買い物はショッピング枠によって完結し、どうしても現金が必要な場面ではキャッシング枠を利用する。
適切な現金化を利用することによって、身軽でスムーズな暮らしを実現することが可能である。

特に、最近では非接触ICカードを利用したクレジット支払いを行うことも可能となっている。
よって、コンビニエンスストアなどでは端末をカードでタッチするのみ、簡単かつスピーディなやりとりが可能である。
そしてその支払は請求日に一括で引き落とし口座から回収される。

この方法を取り入れることにより、実際に現金を持ち歩く必要があるのはそういう必要がある場のみとなった。
飲み会などの宴席や、冠婚葬祭の場においては現金が必要となるであろう。
しかしながら、そういった場を除いての日常生活では全く現金を持ち歩くことがないのである。
その根拠には、公共料金も引き落とすことが可能であるということなども挙げられる。

ショッピング枠やキャッシング枠の利用は、海外での利用でその本領を発揮する。
海外では現金を持ち歩くことが危険だと考えられている。
それは、トラベラーズチェックの利用などが行われることからも裏付けられているといえる。
言語が通じず、土地勘も価値観もわからない場所で日本人は犯罪のターゲットになりやすいといわれることもある。
だからこそ、現金を持ち歩くようなことは避けたいところである。

現金を必要最小限に押さえての生活を送るためには、やはりカードでの支払いを行うのが有用である。
ショッピング枠やキャッシング枠を利用することで、安心して買物をすることが出来る。
さらに、チップへの対応など現金が必要なときには、キャッシング枠から現金を融資してもらうことが出来る。
それは日本にいる時と同じような使い勝手で、必要なときに必要なだけ利用できる。

お店によって利用できるカードの会社が違ったりすることもあるため、2枚保有しておくと更に安心である。