信用 | 困ったときにカード現金化と即日融資で対応

信用

クレジットカードは、カード会社が契約者である会員に対して一定の審査を行い、通過した者に信用を与えたカードである。
そのカードを利用することが出来るのは会員本人のみである。
そして、その信用とはいわば、社会的地位と返済能力から算出されるものである。
一定の返済能力を持っている人間かどうかが、契約できるかどうかに関わってくるのである。

実際にカードを所有している会員は、買い物の際にクレジットカードを提示して支払いとすることが可能である。
通常、小売業である店舗と消費者との取引には即時決済が適合されるものである。
よって、本来ならば現金による商取引しか認められない。

しかしながら、クレジットカードを提示することによってカード会社にその会計を肩代わりしてもらうことが出来る。
カード会社が店舗に対して支払いを行い、実際に建て替えた総額を一定の期日までに支払うよう会員に請求する。
この取引構造は、ショッピング枠として信用を与えられている範囲内の金額で利用できる。
仮にショッピング枠が20万円ならば、20万円分までの肩代わりをカード会社に行ってもらうことが可能なのである。

クレジットカードの支払い方法には、一括払いの他に分割払いやリボ払いと呼ばれるものが存在している。
一括払いは、請求日に該当期間中使用した金額を全てカード会社にまとめて支払うというもの。
これに対して分割払いとは、支払いを何回かに分けて行うことで毎月の支払を抑えるもの。
分割払いにすると、残った支払額は残債務としてショッピング枠を圧迫することになる。
よって、計画的な利用が必要となる。

さらに計画的な利用が必要となるのが、リボ払いである。
リボルビング払いが正式名称となるが、この方法であれば毎月の支払金額を指定することが出来る。
よって、その月にいくら利用したとしても支払金額は一定のままである。
2万円利用しても、20万円利用しても、1万円の支払金額に設定しているのであれば支払いは1万円で良い。
しかしながらこの方法は、いくら使っても支払額が固定であるために自分がいくら使っているのかが見えにくい。
それにより、気づかぬ内に債務が非常に大きくなってしまい返済に苦労することがある。
だからこそ、かなりの計画性を持って利用する必要がある方法なのである。

カード会社によっては、一括払いで購入したものを後からリボ払いに変更することが出来るものがある。
また、リボ払いの支払額を毎月変更することが出来る会社も存在している。
これにより、基本の返済額は決まっているが厳しい月は減額し、余裕のある月は増額して返済することが可能である。

クレジットカードを提供している会社には、さまざまな会社がある。
国際的なブランドで言えば、VISAやアメリカンエキスプレス、またJCBやマスターカード、ダイナーズクラブが挙げられる。
これらのクレジットカード会社は、国際的な利用を行うことが可能であるという特色がある。
よって、海外に出ることがあるならば必ず取得しておきたいカードであるといえる。

それぞれの会社によって特色があるため、その違いを理解して利用するのが良い。
特に、カード会社によっては富裕層向けのカードであることがあるなど、審査条件が変わってくることもある。
そういった下調べを行った後、戦略的にカードの選択を行うことが重要だといえる。