換金 | 困ったときにカード現金化と即日融資で対応

換金

クレジットカードの現金化とは、クレジットカードに設定されているショッピング枠を利用して現金を手にするための手法である。
その手法は大きく分ければ二種類の形が存在する。

ひとつは、業者が提供する商品をショッピング枠にて購入し、その代金の何割かをキャッシュバックする方法である。
これによって、実際は二束三文といわれるようなものを指定された価格で購入すれば、キャッシュバックという形で現金化を完了することになる。

もう一つの手法は、同じように購入する点では共通しており、購入した商品を手数料を差し引いた金額で買い取る手法である。

この二者とも、信頼できる業者で行うことが重要である。
手数料はかなりの差があるが故に、そのパーセンテージをしっかりと比較して利用することが必要だといえる。
その根拠として、仮に現金化に成功したとしても残債務としては手にした現金よりも大きいという問題があるからである。
50万円の枠を80%で現金化したとして、40万円の現金は手元に入るが実際には50万円の残債務が残る。
その点に注意をして、本当に必要最低限必要な額のみ借り入れすることが重要であるといえる。

クレジットカードの現金化を行うことの利点としては、まず審査が必要ないということがあげられる。
通常、新規の融資を受けようと思えばそのためには金融機関の窓口に出向いて、所得などの情報を提示する必要がある。
そして実際の在籍確認などが行われ、他社での借入状況などが確認される。
その上で返済能力があると判断された場合にのみ、新規の融資を受けられるのである。

つまり、すでに借り入れが存在している場合返済能力がないと判断される可能性も大きくなる。
特に、総量規制と呼ばれる年収の3分の1以上の借り入れができないような仕組みができてからはより厳しくなった。
その点を考えると、既に審査を終えていて、融資を受ける権限のあるクレジットカードを利用しての現金化は有用である。
仮に審査に通らない可能性がある状況だとしても、既に枠は確保されているため当面の現金を借り入れることが可能なのである。

現金化を行うことのリスクは、何よりも規約違反であるということである。
金融会社は原則的に、換金目的の利用を認めていない。
よって、業者を介して買取してもらうなどして現金を手に入れる手法は利用規約に反する行為である。
会社側が怪しいと感じたならば、本人などに不審な利用の使途を具体的に問い合わせる事がある。
そこでの回答に整合性がなければ、即時口座の凍結というペナルティを負う可能性がある。
口座が凍結されてしまっては、それ以降の利用は不可能となる。
しかしながら、既に生まれている債務は返済する義務がある。
このような措置を受けることもあるため、慎重に利用するべきなのである。

また、そもそも金融会社に立て替えてもらって購入した商品には所有権がない。
その場合の商品は、金融会社が所有権を持つのである。
債務者は商品そのものを保有することはあっても、所有権自体は手にしていない。
所有権が債務者である購入者に移動するのは、その債務を完全に払った後である。
つまり、商品代金の立替分を払い終わるまでは、該当する商品は他人のものとなるのである。
よって、他人の物を代わりに売却する行為となるという意味でも、買取型業者は規約違反なのである。
これらの点に注意した利用を、自己責任で行うことが必要となる。